阪神牝馬S

阪神牝馬ステークス(はんしんひんばステークス)とは
日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝内回り1400メートルで施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。

1958年に4歳(現3歳)以上の牝馬限定のハンデキャップの重賞競走、阪神牝馬特別として創設され、2001年に競走馬の年齢表示の国際基準に変更に伴い、現在の阪神牝馬ステークスに名称を変更し、2006年からはヴィクトリアマイル新設に伴い、開催月を4月上旬、距離を芝1400m、出走資格を4歳(旧5歳)以上牝馬、特別指定交流競走から指定交流競走に変更され、JRAに認定されていない地方所属の競走馬も出走可能になった。

福島牝馬ステークスと並び、ヴィクトリアマイルの前哨戦として位置付けされている。地方所属馬に限り、上位2着の競走馬にヴィクトリアマイルの出走権(優先出走権ではない)が与えられるトライアル競走となっている。

阪神牝馬ステークス
■ 開催地 阪神競馬場
■ 格付け GII
■ 距離 芝1400m
■ 賞金内訳 1着:5100万円、2着:2000万円、3着:1300万円、4着:770万円、5着:510万円
■ 出走資格 サラブレッド系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の牝馬の競走馬、地方所属の競走馬(3頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)
■ 負担重量 基本:負担重量54kg
・施行日当日から1年前の開催週以降のGI競走1着馬2kg増
・施行日当日から1年前の開催週以降のGII競走1着馬1kg増
・施行日当日から1年前の開催週より過去のGI競走1着馬1kg増
(ただし2歳時の成績を除く)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: