コースの特徴

【東京競馬場 芝1600m】
ヴィクトリアマイル レースコース

向こう正面直線からスタート。スタートから最初のコーナーである第3コーナーまでは536mと距離がある。スタート後250mほど緩やかな下りが続き、第3コーナーの手前でいったん坂を上り、第3コーナーから第4コーナーのラスト600m地点まで下ってくる。第4コーナーは平坦となっている。ゴール前直線は525m。直線に入ってすぐに220mで2.1mの上り。上り切った後は平坦直線330mがある。枠順や脚質に有利・不利が出にくく、能力の高さが問われるコースとなっている。

【有利な脚質と枠順】
スタートからゴールまで高いレベルのスピードと末脚の持続力が必要になる。クラスが下がると中盤までのペースが緩みがちになるので、前に行った馬が残りやすくなる。当然、馬場状態にもよるがBコースでの逃げ馬の活躍が目立つ。枠順はほぼフラット。多頭数の8枠のみ少し成績が悪い。

【種牡馬成績】
キングカメハメハに注目。自身の現役時代同様、ストライドが大きな産駒が多く、この舞台で非常に持ち味が生きる。あとはスペシャルウィーク、シンボリクリスエス、タニノギムレット、キングヘイローらが上位。アドマイヤベガ、グラスワンダーは不振。

【クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(36.0-24.8-34.6=1.35.4)
3歳以上500万(35.4-24.3-34.8=1.34.5)
3歳以上1000万(35.7-23.9-34.4=1.34.0)
3歳以上準OP・OP特別(35.4-23.7-34.3=1.33.4)
3歳以上重賞(34.2-23.4-34.9=1.32.5)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2013/02/05